大手企業、中小企業どちらに勤めるのがいいのか考えてみましょう

自分にあった仕事、自分らしくいられる会社

どんな仕事でも責任感は必要ですね。

基本的に大手企業が仕事を依頼するのが中小企業でもあり、中小企業は大手企業から仕事をもらいます。

大手企業が失敗すれば中小企業にも被害があります、どの逆で中小企業が失敗すれば大手企業にも被害がいきます。
どの仕事にも責任はあります。

大手企業であろうと中小企業であろうと、良い上司や社員に恵まれなくては会社のことも仕事のことも分からなくなってしまいます。

この仕事を覚えたいなど将来を考えられて前向きな気持ちになれる様になった時こそ、この会社に決めて良かったなと思えるのではないでしょうか。

仕事内容も待遇ももちろん大切ですが、会社の中の環境や社員の人たちの雰囲気も仕事選びには重要ですね。

大手企業や中小企業という言葉を無視して、興味をもった会社には進んで挑戦した方がいいのかなと感じますね。


自分にあった仕事をするのが一番良い

どんな仕事でも責任感は必要ですね。
大手企業も中小企業も関係ないと言い聞かせいても賞与の話がでるといいなと思えるのは普通の事だと思います。

生きていればお金は必要です。
ですが、お金よりも価値があるものもあります。
どちらをとるか、どんな生き方を自分がしたいのか。
その全てを就職活動中に決めるのは難しいですね。

大手企業も中小企業も必要な人材が欲しいのは同じです。
面接の違いは特にはないと思いますが、中小企業に方が専門的な資格を持っている人達の方が有利かもしれません。
また沢山、資格をお持ちの方は中小企業の方が自分の力を発揮出来る環境も多いと感じますね。

求人票を見比べると確かに大手企業の方が、賞与が良いのがよくわかります。
中小企業だと仕事内容にやりがいを感じる事ができそうなものがあります。
どちらにも良い所があって迷いますね。

どの会社に勤めたとしても、自信をもって働いてほしいですね。


この記事をシェアする